天然那智黒石 猫印硯工房
猫のギャラリー

  


     自作の硯で墨を磨り、筆をとってみました。

     初心者が本を見ながら真似てみただけで、作品として

     人様にご披露できるほどのものではございません。

     にじみ・かすれ・墨色の出具合などをご覧いただいて

     いくばくかでも、参考にしていただけましたら幸いです。



      
★参考図書★

        ★ 『だれでもかける最新水墨画教室』
             山下 秀樹・著
             精文堂新光社・発行 (1989年)

        ★ 『新装版 水墨画練習帖 基礎篇』
             久山 一枝・著
             日貿出版社・発行  (2009年)

 

                                 
2012年3月25日 更新
                                               







用いたのは、左の品々と紙、水だけです。

中央の四角い皿は100円均一の店で購入。

通常は小皿3〜4枚を使いますが

こちらも便利です。 下敷きにしている

大きな白いフェルト布も、100均。

水差し・筆洗などは、お手持ちのものが

いろいろ使えると思います。



墨は、「画墨(青墨) 青龍胎 墨運堂造(平成7年)」。

色比較に少し使ったのは、「茶墨 無名 古梅園造(製造年不明)」。

紙は、書道教室(市民講座)に通っていた頃に

書道専門店で 「初心者向き、太筆使用、楷書で

漢字の練習用」 に薦めてもらったもので、銘柄は不明 。

少し厚め、黄色味を帯びた機械漉きの半紙です。


筆は、随分以前から持っているもので、良いものか

悪いものか、分かりません。 長さ2.5センチ程度の穂を

すべてほぐした小筆1本で、下のほとんどを書きました。

(梅の花芯など、ごく細かい部分のみ、のりで固まった小筆使用。)

もう1本、ほぐした小筆(傷んだもので十分)を、磨った墨を

硯から小皿に移すのに用いると便利です。



  濃く磨った墨を、皿に移して水で薄めます。 おおむね3段階の濃さを使います。

  最初の墨は濃く磨りますが、あまり沢山は要りません。 今回の場合、10〜15分

  磨った墨で、2時間以上もちました。

  筆の上で濃淡の調節をしながら、線引き(上の写真)。

  使用墨・青龍胎の説明書きを引用します。 「墨色はやや地味な灰蒼色の青墨、

  濃い時は艶のない青系の黒。塗り重ねができ光らず、濃淡が自在に表現でき、

  奥行が深く、墨色に距離感がある立体的な画に使えます。練習用に最適です。」



  ↑ 右の4本は青墨、左側は茶墨。 この写真では差が良く分かりません。



  ↑ フラッシュ撮影をすると、この通り。 濃い茶墨は、乾くと艶が出ます。

    濃くしよう、と頑張ったわけでもありませんが、比較的早く、やわらかく

    墨がおりていくように感じました。 硯の上では、はっきり茶色に見えました。



 薄墨で並べて書くと

 青・茶の差が

 分かりやすいです。






    ↓ 以下では、青墨・青龍胎のみを使用しました。










 えんどう豆や、しめじの描き方は

 上記・久山一枝さんの本に

 詳しく出ています。

 えんどう豆は、先に豆をチョンチョンと

 描いた上に、薄墨をサッと入れました。

 しめじの頭は、墨を含ませた筆を

 ポン、ポンと置いただけ。

 初心者でも、それなりに、それらしく

 見えるので、描いてて楽しいです。
















 梅は、山下秀樹さんの真似。

 これもまた、そこそこ、

 それなりに見える、ような…。






















絵のみならず、字でもそうなのですが、筆で何か書くと、その時には

「ひどいなぁ…」 とか 「失敗!」 とか思うのに、少し時間を置いて見直すと

「あれ、そう悪くもないかも……案外、良くない?」 になってしまう。

そんなことが、よくあります。 自分に甘いだけなのでしょうか。 けれども

ペンや鉛筆書きの文字では、そのようには感じません。 不思議な気がします。


以前、展示会にて、芳名帳へのご記名を 「下手だから恥ずかしいわ」 と

遠慮なさる方に 「下手な字なんて ありませんよ」 と申し上げたことがあります。

実際、書かれた筆文字は、どれもみな すてきです。

お手本のように整ってはいなくても、良いものだと思います。


今回のように、公開することは さておいて (人様の目に、どのように

映っているのかは存じません。 吹き出している方、呆れている方、

イラッとしている方がおいででしたら、どうかご容赦ください)。


最初は図書館や書店で、初心者向きの見やすいお手本を探し、

基本を少し練習してから、遊び感覚で真似してみては いかがでしょうか。

たまたまでも、うまく描けると、嬉しいものです。

幼い頃の、お絵描き遊びの楽しさと同じような感覚かもしれません。

だんだん慣れてきたら、目に付いたものや好きな言葉などを書いてみたり、

墨色や筆遣いに工夫をしてみたりと、楽しみが広がってゆくと思います。

よろしかったら、お試しください。





              ☆ このページのトップへ戻る ☆