本文へジャンプ

南紀・熊野・神川町


 2008年3月10日 更新分




 ねこやなぎ



       遠目には梅のようにも見える、ねこやなぎの花。工房近くの川原に

       群生しております。 「ねこやなぎ」 は この時期だけの愛称で、

       植物名としては 「川柳(かわやなぎ)」 と呼ばれるもののようです。

       背丈は2メートルほど。 川が増水すると水没する場所でもあり、また

       初夏には近隣の皆さん総出の草刈り作業で刈られてしまうのですが、

       毎年 春が近づくと、新しく伸びた若枝に このように可愛い花をつけます。






   
































    名前の通り、手触りは

    短毛種の子猫そのもの。

    植物なのに不思議なものだなぁ・・・と

    感心しつつ自然を愛でる、といった体を

    装いながら、内心では 「子猫、子猫!」 と

    はしゃぐばかりの気持ちで、柔らかな感触を

    楽しんでしまいました。

    花開く前の鞘は、これまた猫の爪に

    よく似ていて、可愛らしい。



   白っぽい灰色をしているのが、雌花。


 ← こちらの写真は雄花で、赤っぽく

   見えるのは 花粉袋です。 すでに

   黄色い花粉も飛び出しています。


   ねこやなぎを お家に飾る場合、

   花瓶などに水を入れて生けると、花が

   開き切ったり、落ちてきたりします。

   水無しで立てておくと、長持ちするそうです。 
    

  ね こ
 

 リアル・ねこ。

 最近知り合いになった
 ご近所さんの飼い猫です。
 昨年秋頃、川原に
 捨てられていた模様。

 「うちに来るかい?」と
 話しかけたら、返事をして
 ついて来たとか。

 今は幸せそうで、
 丸々太ったうえに
 とても人懐っこい。
 他人の私にも
 すり寄ってきてくれます。




  




  チャームポイントは、ちょっとうつろな目?

  たまに この方のお宅へ伺うと
  すり寄ってくれるし、じゃれついてくれるし。
  とても嬉しい ひと時です。

  しかし、リアル・ねこの爪は痛いんだな・・・



                             ☆ このページのトップに戻る ☆

                           ☆ 「猫印硯工房」 トップページへ ☆