南紀・熊野・神川町





しばらくぶりの更新です。小ネタと申しますか、

ダイジェストなかんじです。ご笑覧ください。

                                                                            
                                            2016年 9月15日 更新                                             

  5 月




↑前回掲載した巣で孵化したツバメたち。 5月19日撮影。

 4日後には、こんなに可愛くなっていました。↓




   
   
   
   
  工房そばに地植えした

  サボテンたち。

  大した手入れもしないのに

  毎年のように、こうして

  花を咲かせてくれます。

  本体からは想像し難い、

  取って付けたような

  花姿が魅力です。









 




 




  8 月




  8月8日、熊野市から さらに南・御浜町の海岸。

  少々荒れ模様ながら、きれいな青緑色でした。



                            

  9 月


 


9月11日、高台から町内を撮影。 真ん中の平地は、稲刈り後に

また伸びてきた新芽で、田植え後のような緑色です。

黄色く実った稲穂の様子をお目にかけたら良いのですが

米泥棒の参考にされるのは堪らない…などと考えて

つい写真も撮り損ねてしまいます。




柿は今、色付いてきています。 今年は豊作のようで、嬉しいです。

でも、柿泥棒(こと、お猿さん)に先を越されるかな…




例年は、ほぼ暦通りに咲く彼岸花、今年は1週間ほど早いようです。 

厳しかった夏もそろそろ終わりますね。 体調にも、気象にも、

みなさま くれぐれもお気をつけてお過ごしください。



              ※上の写真の中に、カマキリが隠れています。


                            

  おまけ・実家の猫







 父が可愛がっている子猫。

 人懐っこい子です。

 夏の帰省時に、思う存分

 なでくりまわしてきました。
















             ☆ このページのトップに戻る ☆

                                                                            
                                           



           ☆「猫印硯工房」 トップページへ ☆