南紀・熊野・神川町



                                      
2012年3月22日 更新
                                      
(5月6日 「おまけ」追加)

  柳谷の梅花横連


   
以前から 紀南ツアーデザインセンターさんのホームページなどで目にして

     気になっていた 野の花を、このたび初めて見に行ってきました。




     
 「行ってきました」と言っても神川町内、 ご近所です。

       柳谷(やなぎだに)地区の、滝神社。 情緒たっぷりというか、

       お天気が悪いときなら ちょっと怖いかも、とも思われる雰囲気でした。








  
  狛犬が、(失礼ながら)

    可愛くて、和みました。

     とくに、左の、笑顔が。














  
 梅花黄連 (バイカオウレン)、キンポウゲ科の多年草。

    梅に似ていることと、黄色い地下茎を這わせることから

    ついた名前です。

    白い花びらに見えるのは、萼(がく)が変形したもので

    ほんとうの花びらは、黄色い小さな部分です。



    開いてからの時間によるのか、個体差か、

    花の姿はいろいろです。

    六弁に見えるものもありました。

    どれも、とても可愛らしい。  


      

   
 上の花々は 参道沿いの、苔に覆われた土手に、ちょこちょこと咲いておりました。

     下の写真は、境内に群生していたもの。 足の置き場に困るほど。






        
参道入り口に立てられた看板。 ただ自然に咲いているのではなく

        地域のみなさんの努力があって保たれている景観、ということです。

        周囲は杉林、落ち葉の掃除だけでも 大変なご苦労のはずです。



  神上の桜





 
  ご近所の桜、蕾が随分ふくらんできました。

   一部は開いております。



   4月8日(日)は、2年ぶりの「桜まつり」。

   昨年の台風で崩壊したままの道路もあり、

   よそからのお客様は少ないかもしれません。

   のんびりと、でも そこそこ賑やかに、

   花を愛でつつ楽しめたらいいですね。








  おまけ ・ 神川桜まつり

    4月8日、満開の桜の下で「神川桜まつり」が無事開催されました。

    ちょっと心配だったお客様方も、沢山お集まりくださいました。

    例年通り、と思える賑わいで、良かったです。 ありがとうございます。

    まつりの最後に行なわれた「もちほり」。 皆様の勇姿をご覧ください。







                     ☆ このページのトップに戻る ☆



              ☆ 「猫印硯工房」 トップページへ ☆