本文へジャンプ

南紀・熊野・神川町



2010年 6月19日 更新分


  飛鳥町の花菖蒲


先日、NHKのローカルニュースで 「熊野市飛鳥町佐渡、国道309号線沿いで、花菖蒲が

見頃を迎えています」 と紹介されていたので、行ってみました。



「行ってみました」と書きましたが。 実は、自力では見つけられませんでした。

熊野市と一口に言っても大変広く、飛鳥町にはほとんど馴染みがありません。

恥ずかしながら方向音痴傾向があり、事前に地図検索などしてから出掛けたものの、

案の定すんなりとは辿り着けず。 通りかかったCOOP配達員の方と、地元のお寺・

光福寺の方に親切に教えていただいて、なんとか到着。 お二方に、感謝です。 




特別に整備された花菖蒲園、というわけではなく、休耕田を活用して栽培し、

どなたにでも楽しんでもらっている、といったところのようです。

作業のためか、観賞しやすいようにか、所々に板が敷いてあります。

尾形光琳の「八橋蒔絵硯箱」を思い出しました。

いずれアヤメかカキツバタ、もしくはハナショウブ?


  

  

   

  

 花菖蒲がこんなに多彩なものだとは知りませんでした。 写真は、見頃で

 きれいに花開いていたものたちの、一部です。 ( なお、当方のデジカメでは、全般に

 青みが強く出るようです。 肉眼で見ると赤紫、撮影すると青紫、という風に。)

 掲示された名札は、「夕富士」「水の光」「初紅」「美吉野」などなど。

 ああなるほど、と思えるものもあり、何故?と思うものもあり。 楽しかったです。




   ↑こちらは、「江戸錦」。 粋な姐さんが連想されて、気に入りました。







        最大の、何故??が、こちら。 →

        「熱砂の舞」って。

        日本国内ではお目にかかれない情景かと。

        この日にはまだ蕾、はたして

        どんな花が咲くのでしょうか。

        改めて見に行くか、考え中です。




                (結局、行かず仕舞いでした。2010年9月付記)



                                          
  ササユリとお地蔵様


  花菖蒲を見た帰り道、このあたりにはササユリが沢山咲くらしいけど

  花期はまだかな、もう終わったかな、と気にしつつ走っておりました。

  行きには全然目に留まりませんでしたが、おなじ309号線の路傍に咲く

  1輪を発見。 停車して初めて、お地蔵様があることに気がついて、

  近づいて良いものかどうかと、しばらく逡巡しました。

   





      なんというか、素朴で、純朴で、

      絵のような風景だな、と私には思われました。



      いろんな方が、様々な思いを

      持たれることでしょう。












   上のササユリ、肉眼では

   もっと濃いピンク色でした。

   熊野市の花に指定されている

   ササユリには様々な種類があり、

   左も、たぶんササユリです。たぶん。

   お地蔵様近くの土手で発見。

   こちらは純白、花弁の形も

   随分違います。







                   ☆ このページのトップに戻る ☆


                 ☆ 「猫印硯工房」 トップページへ ☆