天然那智黒石 猫印硯工房
本文へジャンプ
硯ができるまで

 原石の採取に始まる 硯作りの工程をご覧ください。



1.ショベルカーなどを使って山から掘り出された
  原石は、持ち運びのできる大きさに割られます。
   この工程は採石のプロの手で行われます。

 (写真は神川町・田野那智黒碁石店様の採石場)


  田野さんはその名のとおり、主に碁石の黒石の
  加工を生業とされています。 硯に使う原石は
  ある程度大きくなければならず、その採石作業は
  大変困難です。






2.鏨(たがね)とハンマー、ダイヤモンドカッター
  などを使って、形を大まかに整えます。
  たまたま面白い形に割れれば、それを生かした
  面白い硯ができます。 はじめから狙った形に
  するべく、慎重に整えてゆく場合もあります。








3.旋盤で、まず底(裏)になる面を平らに整えます。
  次に硯の海(うみ・磨った墨がたまる部分)・
  陸(おか・墨を磨る部分)を粗彫りします。
  回転盤に石を固定して、垂直に突き立った刃を
  石の中央から外側へと移動させながら
  丸く削ってゆきます。





4.工具を使って海や陸の形をバランスよく
  整えた後、手彫り仕上げです。
  硯の大きさ・彫る部分によって、形や太さの
  異なる鑿(のみ)を使い分けます。        


   鑿の持ち方には、肩押しと掌押しの二通りが
   あります。 産地によって違うようですが、私は
   併用しています。
   信州の師匠と神川の師匠に敬意を表して・・・
   という気持ちもありますし、慣れもあります。
   





5.人造砥石や耐水サンドペーパーで、段階的に
  傷を取り、なめらかにしてゆきます。
  白っぽい灰色だった石色が、やわらかな黒に
  変わります。
  見た目の美しさ・なめらかさもさることながら、
  磨り心地の良い、真っ平らな陸にすることに
  最も神経を使う、時間のかかる作業です 。 
  陸の仕上げには天然砥石を使用。 
  ほぼ磨きあがった段階で、実際に
  墨を磨ってみて、陸の感触を確かめます。

6.洗浄・乾燥後、周囲に無色透明の つや出しを
  施して、完成です。 同じように磨いて、同じ
  つや出しを施しても、石によって つやの出方には
  差ができます。 個人的には、ごく控えめな、
  やわらかい感じの つやが好きです。 お好みは
  人それぞれで 「ピカピカするくらいじゃないと
  那智黒石じゃない!」と仰る方もあり、それも
  わかるような気がします。
  お化粧であると同時に、石の、とくに断面の保護の
  ため、また手脂などによる汚れを防ぐために、
  必要な作業です。